田中靖浩 公認会計士事務所

田中靖浩のひとりごと

2018.11.28   つぶやき雑感

可能性について

 「可能性」という言葉には気を付けねばなりません。ときに「言い訳」につかわれるからです。先々の可能性を広げる・・・なんと魅力的な響きでしょう! しかし先々の可能性を広げるために「安く」引き受けた仕事に苦しめられるのはよくあること。

 多くの物事について、どれだけ可能性が広がろうと、選べるものはひとつだけです。仕事にしても、恋人にしても、今日の夕食にしても。
若い頃なら「可能性を広げて」喜んでもいいですが、人生の後半になるとむしろ「たったひとつを実現する」ことのほうが重要です。

 ・・・・と、よくそんなことを考えていたのですが、最近考えを改めました。
 新刊「会計の世界史」を発売した後、考えもしなかった「可能性」が現れてきました。これがかなり楽しい。たとえばいつもの会計講義のはずが、「会計の世界史」で手に入れた「絵画をつかって解説する」ことで、受講者からまったく違う反応が返ってきます。
 某大企業の幹部研修に参加されていた元・美大生の幹部女性は、「まさか会計講義で懐かしい絵画に再会するとは!」と興奮気味に感想を伝えてくれました。

 「まさか」をつくれるって楽しいことです。原稿、講演、その他・・・・やりたいことがムクムクと沸いてきます。「可能性」って、やっぱり楽しいです。